1. トップページ
  2. ほうれい線が気になる年齢は?

ほうれい線が気になる年齢は?

20代後半の頃から既にほうれい線を気にしていました。10代後半から20代前半は眠れば翌朝には肌の調子は回復していたので、それに甘えてメイクを落とさないまま眠ったり、クレンジングを使わず洗顔石鹸でメイクをゴシゴシこすって落とそうとした習慣が原因かもしれません。

30代 【状態】ハの字型

ほうれい線が気になり始めたのは、20代後半になってからです。とくにそのときまで美容について関心がそこまでなく、暴飲暴食や不規則な生活をしていました。野菜をとらず炭水化物中心でした。その付けがまわり肌の老化を感じるようになりました。

33歳 【状態】いくら化粧をしてもごまかせない

40代になってから、ほうれい線がハッキリしてきました。もともと頬がふっくらとしていたし、年と共に重力に負けるのはわかっている事なのに、何もしていなかったので、もっと早くから美容液などでケアしていればよかったな…と思います。

40代 【状態】ほうれい線がハッキリと主張している

ほうれい線が気になりだしたのは40代の中盤ぐらいからだったと思います。それまでにしっかりと紫外線対策をしっかり行ってこなかったことで乾燥肌タイプに変化させてしまい、ほうれい線が目立つようになってしまったと、若い頃にキチンとスキンケアをしてこなかったことを後悔しています。

50代 【状態】写真に写った顔を見たらほうれい線がくっきり

30代後半から気になるようになりました。仕事で長時間パソコンに向き合っていたり、趣味が手芸や読書なのでそのせいかなと思います。猫背でうつむきかげんの姿勢でいることが多いので、顔のたるみを助長してしまった気がします。

40代 【状態】ファンデーションをぬるとほうれい線の溝が皺になり、かえって老けて見える

うまくいかないことが続き、色々悩んでおり、あまり話もせず不機嫌な顔で数日過ごしていたためだと思います。食事もほとんどとれなかったので、口を動かす機会が極端に減っていたと思います。

33歳 【状態】不機嫌そうに見える

20代前半くらいから気になりだしました。まだ若いから大丈夫と思って夜更かしを毎日のようにしていたり、スキンケアもすごく適当でした。今思えば気をつけて置くべきだったなと思います。あとは授業中の頬杖も辞めて置くべきでした。

26歳 【状態】疲れるとくっきり

飼っていた大切な猫が亡くなってからです。それまではずっと微笑みかけたり、笑ったりしていたのですが、亡くなってからは悲しくて泣いてばかりで、仕事で嫌なことがあっても憂さが晴らせず、難しい顔や無表情になったことが原因です。笑うことは大切ですね。

40代 【状態】腹話術の人形みたい

もともと46キログラム程度あった体重が、就職してストレスで激減、39キログラムまで落ちたことがあるのですが、あの時にいきなり片一方だけほうれい線が出てしまいました。思い返せば、一人暮らしでまともに食事を作ることもなく、いい加減な食生活をしていたことも原因の一つだったと思います。

40代 【状態】片一方だけ、化粧崩れしてくるとはっきり分かるレベルです。

うっすらあるなぁ〜と思ったのは、40代を越えた頃ですけど、気になりだしたのは、ここ3年程のことです。知らない間に摂られていた写真にくっきりと写っていてショックでした。主な原因は、加齢でしょうけど、いつか出て来るだろうなと思うだけで、特になんの対処もしてこなかったのも悪かったのかなと思ってます。

50代 【状態】頬のお肉下がってきて、鼻や口との境で筋が出来てる状態

Copyright (C) 2016 ほうれい線対策効果の真実! All Rights Reserved.