ほうれい線対策効果の真実!

ほうれい線に悩む女性が選ぶベストな対策方法

まずオロナインをほうれい線の部分に厚塗りします。次にオロナインを洗い落してビオレの鼻パックをほうれい線の部分に貼り付けます。ほうれい線のゆるんだ毛穴から角栓を取り除いたら、そこにアンチエイジング美容液を毛穴に詰めるように塗ります。すると毛穴が若返り、ほうれい線もふっくらしてきます。ほうれい線の部分だけケアするよりも毛穴や汗腺など根本から若返らせると効果が出ます。

30代 【状態】ハの字型

一番有効でかつ毎日できる解消方法として、お風呂上りに化粧水をつけるときに一緒にリンパマッサージを行うということです、内容としては、ほほのお肉を下から耳にかけて押し上げるように引き上げ、そこから耳の後ろから首にかけてリンパを流すということです。これを何度かゆっくり行うだけで血行が良くなります。むくみなども取れてすっきりします。

33歳 【状態】いくら化粧をしてもごまかせない

普段でも、意識して口角を上げたりしていれば、こんなにハッキリとしたほうれい線にはならないと思います。体もそうですが、顔も運動が必要なんだと思います。百面相ではないけれど、顔の筋肉も使わないとダメだと思うので、表情を豊かにする事を心がけるのが良いと思います。それにより、頬の位置が少しアップしたような気がします。

40代 【状態】ほうれい線がハッキリと主張している

ほうれい線は、肌の乾燥が最も大きな原因だと思ったので、毎朝晩の洗顔後に保湿力の高い美容液をたっぷり塗ってほうれい線を指で上に持ち上げるようにマッサージするという方法を続けています。この方法を1ヶ月続けた頃から、ほうれい線があまり目立たなくなってきました。

50代 【状態】写真に写った顔を見たらほうれい線がくっきり

造顔マッサージが一番即効性があり、効果も感じやすいようです。マッサージ後は顔全体が上がっているように見えますし、朝晩DVD通りにきちんと続けていると一カ月ほどでほうれい線が薄くなる気がします。私の場合、面倒くさがりなので良くなってくるとやらなかったりするので元に戻ってしまいますが、また造顔マッサージをやればなんとかなると思っています。

40代 【状態】ファンデーションをぬるとほうれい線の溝が皺になり、かえって老けて見える

お風呂上りに、メナードのコラックスという美容液を塗る。口を動かすように意識することと、コラックスを数日続けて塗っているとそれほど気にならないようになってきました。少し値段は高いですが、とても伸びがよく少量ですむのでとても良いです。

33歳 【状態】不機嫌そうに見える

睡眠時間を多めにとることです。私の場合疲れが溜まるとほうれい線が出やすい傾向にあるのでしっかり眠り疲れをとることが一番効果があるように感じます。あとは乾燥しないようにしっかり保湿もすると良い感じになります。

26歳 【状態】疲れるとくっきり

キャスターの方を見てもわかる通り、笑顔と話すことだと思います。筋肉を動かすということなのでしょう。マッサージだけでなく、いろんな変顔をするように全体の筋肉や動いていない筋肉はないか意識しながら動かすとストレッチした後みたいにすっきりします。

40代 【状態】腹話術の人形みたい

表情筋を鍛えることと保湿に限ると思います。化粧水を塗り込むというのは乾燥を抑えることはできるので夏や冬の乾燥しやすい時季には特に効果的です。根本的解決には筋肉を鍛えることだと思います。身体の他の部位も筋トレをして筋肉をつけるように顔も筋肉をつけることが大切だと思います。

40代 【状態】片一方だけ、化粧崩れしてくるとはっきり分かるレベルです。

最初のうちは、頑張るんですが、2、3に日すると忘れてしまって、全く長続きしてません。だから、効き目が表れるほど続けられたことがないので、なんとみえません。毎日続けないと効果のあるなしも分からないので、やらないととは思うんですが。

50代 【状態】頬のお肉下がってきて、鼻や口との境で筋が出来てる状態

ほうれい線原因は紫外線?

ほうれい線はシワではなくて、頬や口周りの肌のゆるみ、たるみによるものです。

ただシワができる原因と同じです。なのでシワ対策と同じように考えても大丈夫です。

となるとその原因は何かというと紫外線なんです。

紫外線を浴びると真皮層に到達し、コラーゲンが破壊されてしまいハリがなくなります。その結果シワとほうれい線ができてしまいます。これを光老化と言います。

詳細→光老化.com

シワの場合はピンポイント。しかしほうれい線というのは顔全体に起きているたるみ。ほうれい線で悩んでいる人はいつ深いシワができてもおかしくないということです。

Copyright (C) 2016 ほうれい線対策効果の真実! All Rights Reserved.